読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラックボックス その1

「夫が浮気をしています」というのは,とてもやっかいです。

本当かどうか,わからないからです。

 

1 たとえば,夫と相手がラブホテルから腕を組んで出てきた写真があります。

 

というレベルであれば,浮気をした事実が認められるかもしれません。

 

2 「いっぱい,ラブラブしようね」というラインではどうでしょうか?

 

3 それだけでなく,「昨日はすごかったね」もあったらどうでしょうか?

 

4 「今日は寝かさないぞ」「キャー」もあったらどうでしょうか?

 

事実こそ全てです。

どういう事実があったかで,『浮気』があったかは決まります。

事実は細部にこそ宿るのです。

 

そこを詰めずに,「浮気があったのですか。大変でしたね」

と寄り添うこともときには重要です。

とくに,人間関係ができていないときに,「証拠は?」と

詰め寄ると,本当のことが話せなくなるからです。

 

でも,どこかのタイミングで,事実を確認しないと,

どんどん証拠はなくなっていくからです。

 

この,事実が大切,というのは,あらゆることにあてはまると思います。

事実を掘り下げず,ブラックボックス化して,抽象化して,

それでおしまいにしてしまうと,本当のことがわからなくなります。

 

 

ところで,単に「シネ」とか「絶交だ」というよりも,

「友達で押し通す予定!笑」

って,ものすごく破壊力のある言葉ですよね。

その人が口から出てくる言葉がすべて信じられなくなるような。

 

人間関係を壊すには,抽象化した言葉のほうが,武器になるのでしょうか