読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぐやる人へ (つづき)

昨日ご案内した,

 

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

 

 

この本に,

「行動して結果を出す人は,自分の行動だけを

仕事だととらえることはしません。,

必ず,関係者全体を俯瞰して,社会的な影響関係の中で,

どのように作用するかを考えて行動します」

という指摘がありました。

 

「関係者全体を俯瞰」を自分にあてはめるとどうなるか?

ずっと考えていましたが,

今朝方,突如,イメージがわいてきました。

 

それは,たとえるならば,武道館のステージで生活している感じです。

 

アリーナ,1階席,2階席から,何千人もの人が見守っているというイメージです。

まさか,何千人に見守られて,朝から2時間,ネットサーフィンなんてしたら

大ブーイングですよね。

 

今朝,起きて,まず,手をあげてみました。

心の中で,何千人が「起きたぞー」と歓声をあげました。

 

それから,ネットサーフィンなんてせずに,机に向かい,

0秒思考のルーティンをしてみました。

心の中で,何千人が,「いきなりルーティンをやっているぞ」

また,黄色い歓声です。

 

著者の藤由さんが書いている「関係者全体を俯瞰」とはイメージは

違うのかも知れません。

けれども,こうやって,仮装数千人のなかでの生活は,

とっても,テンションが上がります。

 

(いま,このブログは,武道館のスクリーンに映し出されているイメージです。

 ものすごく,気分が良いです)

 

飽きるまで,続けていこうと思います。