読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネバダ州の方式による婚姻

ラスベガスがあるネバダ州は婚姻手続きが簡単なことで昔から知られており、毎日たくさんのカップルが多種多様な結婚式を挙げようと世界中からこの地を訪れている。それは統計にもはっきりとあらわれており、人口わずか百数十万人 (周辺都市を含めても200万人) のこの都市において、毎年受理される婚姻届 (Marriage License と表記されているものなので正確に訳せば結婚許可証) の数はなんと約 10万組というから驚きだ。
 これを日本の人口に置き換えると毎年約 1000万組が結婚していることになり、いかにすごい数字であるかが想像できよう。
 ちなみにラスベガスの人口比に対する婚姻届の数は、一般の都市の約10倍といわれており、ほとんどが地元民以外の旅行者による婚姻であることがうかがえる。まさに世界中からカップルが集まる 「ウェディングの聖地」 といってよいだろう。

ラスベガス大全 基本情報 より引用

 

もちろん,日本人もネバダ州で結婚することは可能です。

その婚姻届を日本で出すとどうなりますか?

 

戸籍には「アメリカ合衆国ネバダ州の方式により婚姻」と記載されますので,

日本の方式による婚姻の場合の証人がいりません。

 

じゃあ,離婚をする場合は…

 

こたえ 離婚する場合を調べたことがブラウザの履歴でばれて破局します