読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小西さんの本を読みました3

引き続き,小西さんの本から

 

人に何かのお願いをするとき,

最初にハードルをあげて,ムリめな要求をした後で

本当の要求をすると,すんなり通りやすい

 

(中略)

 

あなた海外旅行につれてって(ムリめな要求)

むりなの?

じゃあ,温泉は(本当の要求)

 

というところの解説の中で

 

日本人は駆け引きが下手。

海外の露天商とのやりとりでもすぐに引き下がる。

日本人の美徳という人もいるが,

でも本当は,自分の要求がちゃんと伝わるように

考えるべきだ。

国際的なビジネスでも,政治でも

駆け引きがうまくなれば,もっとうまく進むこともあるから

 

と指摘されています。

ここらへんが,小西さんのすごいところです。

 

誠実と愚直は違うはずです。

自分の思いを伝えるためにも,

自分が考えているゴールだけを伝えては,相手に届きません。

 

相手を揺さぶって,動かして,それでこそ,届く物がある。

 

その点の意識。忘れないようにしたいです。

 

(追伸)

いつもいつも,ムリな要求をすると,そういう人と見られてしまいます。

ここぞというタイミングが重要だと思います。