読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タスクシュート…

先生 どうじゃった

生徒 はい,また,3割しか…

 

先生 どうしてだと思う?

生徒 面倒くさくなるんです。

   期限に追われ,電話に追われ。

   パソコンを持っていないときなんか,常に面倒くさいです。

 

先生 タスクシュートは有効だと決めたのは,誰じゃ?

生徒 自分です。

   この間,自分がやるべきがわからなくなり,

   「次にやるべきことを表示してくれるアプリはないか?」

   と検索しちゃいました。

   すると,タスクシュートがでてきたのです。

   タスクシュート。改めて,惚れ直しました。

 

先生 その惚れた相手に…

生徒 本当にそうなんですよね。

   今日こそ,入力をします。