読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第三者委員会2

生徒 昨日の話ですが,事後的には名前を出すのでしょう?

 

師匠 本当に名前を出すのか? という話が1つ。

 

   名前を出すとして,その弁護士に,どのような言い訳のチャンスを与えるか

   そのなかで,キーとなるのが,6月15日に発表と

   期限を区切ったこと。

   「与えられた資料の中では」とやることで,

   「がんばったけど,限られた時間では,不正が見つからなかった」

   というおきまりのパターンになるのでは?

 

生徒 そうなると,その弁護士に傷がつくのでは?

 

師匠 もちろん,本質的ではないところについて,苦言は呈するだろう。

   そうやって,バランスをとるのではないか? 

   注目が必要じゃな。