読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bさんの記者会見 その後について

ニュースというのは,「日常では起こりえないこと」を報道します。

ですので,日常からかけ離れるほどに,記者さんは食いついてきますよね。

 

記者さんも会見前に,「こうくるはず」と想定しているはずです。

会見前に,どう報道するか,「見出し」を考えているはずです。

 

今回の,Bさんについては,もともとのキャラクターから考えて,

「知らなかったとはいえ,奥様には申し訳ありませんでした」と謝って

泣きながらきちんと答える

これが想定の範囲です。

 

間違えてしまったことは認める。

きちんと謝罪をすることで許して貰う。

こういう,予想の範囲内であれば,それほど騒ぎにならなかったはずです。

  

ところが,誰に謝ったかわからないような会見をして,

そのあとで,最悪とも思えるラインまで流出してしまう。

これは,大きく予想外です。

ですので,それはそれは,大きく報道されます。

 

でも,Bさんに,そこまで計算できなかったのは本当でしょうか?

すくなくとも,Bさんも周囲も,計算が出来なかった

などということがありうるのでしょうか?

 

(ラインのさらなる流出は予想できなくとも

 謝罪相手を間違えているという指摘は,容易に予想しているはずです)

 

そう考えてくると,

1 ほとほと,仕事に疲れていた。

2 別の理由で,仕事を辞めたかった。

3 自分のイメージを壊したかった。

なにか他の目的があったと考えるのが合理的ではないでしょうか?

 

私は,会見の直後は3だと思っていましたが,この静寂ぶりを考えると,

1か2だったのでしょうか?

それとも,私の思いつかない4,5,6でしょうか?

 

結果がわかるのは,2月末ころだと予想していたのですが,

もうすこし先になりそうですね。