読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別の問題が

【タスクシュート】

生徒 今度は,書いたのですが,別の問題が。

 

先生 書いたけれども,肝心な時間の使い方が,じゃろう。

生徒 そうなんです。ネットに逃げてしまう等が。

 

先生 タスクシュートは単なる記録の手段。

   遊んだと書きたくないとか,

   早く帰って遊ぼうと思うのは,次の問題なんよね。

生徒 そうなんですか。

 

先生 まだ,タスクシュートの先送りも続いて居るんじゃろう?

生徒 そうなんです。

 

先生 それも,まだ,タスクシュートを使いこなせていないよね。

   本質は,先送りをしても,どうにかなってしまっている

   ということだよね

   この先送りさえなくなれば,ものすごいことよね。

   だって,約束したことが,約束したときにできるんじゃろう。

   そのすごさ,そこから提供できる価値に,君自身がいつ気づくか。

   それだろうね。

 

生徒 とりあえず,やるべきを決めて,それを終わらせてからでないと,

   今日は帰りません。